訪問看護ステーションの方針

マーノ訪問看護ステーションは精神科専門の訪問看護ステーションです。武蔵野市・三鷹市を中心にフォローしています。

武蔵野市 精神科専門の訪問看護 マーノ訪問看護ステーション


精神科専門の看護師・作業療法士が
提携の診療所の医師と連携しながら
ともに患者さまの心と体に寄り添い、
就労・就学のサポートをいたします。


<営業時間>
月~土 9:30~17:30
※日・祝・年末年始を除く
TEL 0422-27-6441

当ステーションの方針

・個別対応ならではの「きめ細かい質の高い精神科看護」

・精神科看護が好きなスタッフが集まって、各々の得意分野でその能力を発揮する。

・看護者自身のワーク・ライフ・バランスも大切にする。


訪問看護の具体例


職場復帰への訪問看護

休職中の生活リズム作り・体力低下防止、気分転換の援助を目的とした運動療法なども行っています。
認知機能の回復度なども見ながら、医師に報告し、スムーズな復職を支援しています。

社会復帰への訪問看護

病気が長期化し、社会参加が困難となっている方へまずは生活リズムを整え、
体力の向上を図ります。その後、個々に適した方法で段階的に社会参加(復学・デイケア・就労など)を目指します。

社交不安障害・パニック障害の方への訪問看護

苦手だと感じていることや苦手な場所などに同行し
一緒にトレーニングしていきます。

訪問看護での就労支援

ご自宅からなかなか出られない方には、まずご自宅へ伺い信頼関係を作ることから始めます。ご本人の興味があること、得意なことなどを一緒に探していきます。生活リズム作りから始め、ご本人の就労についてマッチングする職種を共に考えます。就労移行支援センターなど各専門機関に繋いでいき、連携して支援活動を継続していきます。
定着支援にも力を入れています。



上記は一例です。
症状はお一人お一人違いますので、悩まれた場合は
まずお電話にてご相談ください。


訪問看護でお伺いするスタッフの役割

看護師

お身体や心の状態の変化を早期にチェックしていきます。
お薬を内服されている方には症状の変化や副作用などについてもお聞きしています。
医師の指示のもと、ご自宅で血液検査もできます。

作業療法士

様々な活動(運動・手芸・勉強など)を通じて、こころと身体のリハビリテーションを行います。







img01.jpg